浮気が原因で離婚

結婚後7か月でスピード離婚。原因は妻の浮気

離婚したのは私が26歳で相手が29歳のころでした。結婚式をして3ヶ月後に籍を入れたのですが、その後7ヶ月には離婚をしました。その間に子供は出来ませんでした。

帰宅時間の遅い妻に不審感を抱くように

私が浮気に気づいたきっかけは妻の帰宅時間が徐々に遅くなってきた事でした。結婚後も妻は中小企業の事務員をしていました。月末と月初以外は残業がなく6時半には帰宅できるような職場でした。それがある時期から、残業と言って帰宅が遅くなる日が増えてきました。食事もお惣菜が並ぶ日が多くなってきたので、妻に理由を聞きました。

職場の先輩が体調を崩していて忙しくなったとか、別の部署の仕事も任されるようになって大変なんだなど、いろいろ理由を言っていました。その時は、それは大変だねと、早く帰宅した方が食事を作ろうと約束して話を終えました。

妻の勤務先はもともと私の職場の取引先で、妻とも仕事を通じて知り合いました。今は私は別のエリアを担当しているので、妻の職場に行くことはありませんが、ある日妻の上司(私にとって以前の取引先)と街中で偶然会いました。

妻の上司と世間話をする中で「最近妻の帰りが遅いのですが・・」と言うと、妻の上司は怪訝な顔をし「Мさんは毎日定時に帰宅していますよ」と言うのです。その場は何とか話を合わせましたが、私の中にもしや浮気ではと、一気に疑惑が膨らんできたのです。

トラップを仕掛けると、まんまと罠にかかる妻

その後、注意深く妻の行動をチェックしていくと浮気を匂わせるような言動が次々に出てきましたが、決め手になるような証拠ではありませんでした。そこで、決定的な証拠をつかむためある日私は出張と偽りトラップを仕掛けてみました。出張だといった日に私は会社を早退し、夕方妻の会社前で待機して、妻を尾行したのです。すると、妻はターミナル駅で見知らぬ男と待ち合わせて、腕を組んで居酒屋に入りました。妻とその男はかなり親密な様子で、ショックのあまり尾行を断念し帰宅しました。

これで妻の浮気は間違いないと思い、夜遅く帰ってきた妻を問い詰めました。すると、妻は簡単に話しはじめました。職場の上司と浮気をしている事を平気な顔で私に告げるんです。それを聞いて、離婚をして欲しいと私から言いました。妻は「許してくれ、心を入れ替えるから」というので1ヶ月の猶予期間を設けました。

しかし口では別れたといっても、相変わらず職場で顔を合わせていたし、不倫相手に未練があるのが手に取るようにわかりました。やっぱりこのような仕打ちを受け、結婚生活を続けるには無理だと、私の意志は変わらない事を伝えました。最初は渋っていた妻もやっとあきらめてくれました。

【たった7ヶ月で離婚】親にもお祝いしてくれた方にもなかなか言えず

浮気発覚から3ヶ月後に離婚届けを提出することができました。慰謝料などは、この結婚生活のためにほとんど私がお金を用意していたので、貯金通帳に入っていた400万円を全部もらうということで話がつきました。本当なら、相手の男性にも慰謝料を請求するつもりでいたのですが、妻が泣いてそれだけは勘弁して欲しいと懇願をして来ました。

結婚して間もないのにこのような結果になってしまった事を、お祝いして下さった方々になんとお話ししていいのか悩みました。自分の親にもなかなか言い出せず、悩み苦しみました。それと家財を私が全て揃えて結婚したので全部引き上げてきました。それを処分するのにも大変でした。

私達には幸い子供がおりませんでしたから、比較的スムーズに離婚できた方だと思います。もし子供がいたらもっと離婚を悩んでいたことと思います。正式な結婚から7ヶ月で離婚という結果にはなりましたが、憎みながら暮らしていく自信はなかったのでこれで良かったと今は思えるようになりました。